ハロウィンイベント 調布市 整骨院 ふだてん
イベント
もうすぐハロウィンイベント!

こんにちは!

いよいよ10月27日(日)のハロウィンイベントが近づいてきました!

街中もハロウィンの雰囲気が出てきましたね(^^)/

 

今回はハロウィンはどういうものかをご紹介しようと思います。

 

『ハロウィン、とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているのこと。もともとは収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。 キリスト教の祭ではない』

ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャアメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい、とされているが、これはあくまでもお菓子をもらうための口実、実行力を伴わない形式的な台詞であり、お菓子をもらえない場合でもがっかりして立ち去るのがほとんどである。

カトリック教会諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見方と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見方がある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている』Wikipediaより引用

だそうです!

 

日本で流行した背景にはディズニーランドが1990年後半からイベントをだったり1997年には「カワサキ・ハロウィン・パレード」が行われたり、徐々に認知度が上がってきました。

2000年代後半に各お菓子メーカーがハロウィンに参加、2010年代になるとSNSの普及により爆発的に広がったそうです!

その過程でコスプレをしたり日本的なハロウィンが出来上がったみたいです!

 

調べてみると楽しい行事にもいろいろな歴史があるんですね!

 

自称調布市整骨院元気ランキング1位調布ふだてん整骨院は渋谷などの町のイベントに負けないくらいの元気と活気でハロウィンイベントを盛り上げますので皆様お待ちしております!!!

調布ふだてん整骨院

〒182-0024 東京都調布市布田1丁目3−1

診療時間 / 平日:午前 9:00~12:00・15:00~20:00
土日祝日:午前 10:00~12:00・14:00~18:00
第1日曜日 10:00~15:00(休憩なし)
※土日祝日も診療しております。

診療時間 / 平日:午前 9:00~12:00・15:00~20:00
土日祝日:午前 10:00~12:00・14:00~18:00
第1日曜日 10:00~15:00(休憩なし)
※土日祝日も診療しております。